避妊に失敗した場合は緊急避妊薬(堕胎薬)で処置

葉の上にあるカプセル

近年では、女性たちの間でも、広く浸透するようになっている経口避妊薬である低用量ピル、一昔前のピルとは違って副作用のリスクもほとんどなく、より身体に負担を感じることなく、安心して服用できるようになっています。
この低用量ピルは、飲み忘れさえなければ、ほぼ百パーセントに近い確率で避妊ができるといわれており、子供を持つことを望んでいない女性にはとても頼りになる医薬品です。
しかしそういった対策を取っていない段階で、避妊に失敗してしまった場合、次の生理が無事やってくるのか、おろおろしながら待つというのは、あまりにもリスクが高すぎます。
そのような場合は、緊急避妊薬を服用すれば万が一の妊娠の確率を減らせるので、取り扱いをしている病院を当たって、早急に対策を取りましょう。

この堕胎薬は、低用量ピルとは違って、日本においてはまだまだ取り扱いをしているクリニックは少ないといわれているので、普段から調べておくに越したことはありません。
緊急避妊薬は、避妊目的で服用する低用量ピルとは違って、堕胎薬となる中用量ピルで、このピルはきつい副作用があることは理解しておきましょう。
吐き気や頭痛を訴える女性も多いですが、排卵日に膣内で射精してしまったとしても、何とか着床を避けられるといわれています。
しかしこの緊急避妊薬は、射精後七十二時間以内の服用でなければ、妊娠は避けられません。
避妊に失敗したと気づいた時点でできるだけ早くに服用することがカギなので、できれば普段から低用量ピルで、しっかりと体を整えておく方が無難です。
堕胎薬は前述したように、身体には大きな負担となるものなので、常時用意して使用するということは絶対にお勧め出来ません。